未分類

残念な合コン体験談。

20代後半の会社員女性です。20代半ばのころ、なかなか彼氏ができないわたしに気を使って友人が合コンを企画してくれました。メンバーは女性陣は高校時代の友人で、その幹事の女の子の友人の男性とその男性の高校時代の友人の4対4の合コンでした。合コンというものをそれまで経験したことがなかったので、期待半分不安半分で参加しました。

まずお店に入ると男性陣はまだ到着しておらず、待つこと少々。ぞろぞろと男性陣がやってきました。第一印象は「幹事以外の男性はモジモジしてる!」というものでした。いわゆるイケメンも一人だけいたのでちょっと期待はしたのですが…

幹事の男の子はよく話しますが顔が好みではありません。もう一人の長身の男の子は声が小さすぎ。もう一人は空回りすぎ。最後の頼みのイケメンはどうしようもないナルシストで職なし…と来たもんだから女性陣のテンションはガタ落ちです。女性陣同士で顔を見合わせたときに、みんなの意志はわかりました。とはいえせっかくの機会だから楽しく飲もうと思ったものの、空回り男はひとりで酔いつぶれるわナルシスト男は自分の世界に入ってしまうわで散々な1次会でした。2次会はもちろん女性陣のみで反省会です。

そんな経験をしてしまったものだから、今でも合コンに対して消極的にならざるを得なくなってしまいました。街コンくらいの規模なら参加してもいいのかなぁとも思いますが、友人のその後の関係性を考えるともう合コンの企画はたのめません。

【こちらもチェック】年末年始は家族が欲しくなります

彼氏が欲しい、欲しいと言っている人に限って、そういう場へ出かけない気がする。

会社勤務のOLです。私の周りには彼氏がいない同僚が沢山いますが、その皆が彼氏が欲しいと口にしています。

しかし、その彼女達に共通しているのは、自らその為に動こうとしない所です。

確かに社内には妙齢の男性はいない。おじさんや既婚者や性格に問題ありの独身男性ばかりの職場です。心が浮き立つような話題すらありません。

じっとしていては、出会いなど一生訪れない環境なのです。その証拠に、お局さん達も全員独身です。

欲しいなと口にするのが簡単ですが、口にするだけではきっと出会いは訪れにくいのです。

パワースポット巡り、パワーストーン集めをしている同僚がいます。しかし、彼女は会社と家の往復ばかりで休日も家に居ることが多い様です。田舎なのでお年寄りばかりで周囲に若い男性の影などありません。

それでは、彼氏以前に若い独身男性との出会いがないのです。

私の周りでは、男性の結婚する年齢は女性よりも若い事が多いです。その多くが、年上の女性と結婚しています。じっとしていれば、同年代の男性は年上の女性に取られてしまいます。

社会人サークルや、男性が来そうな習い事などに手を出してみるのも手ですし、知り合いに片っ端から「誰かいい人がいたら紹介して」と頼み込んでいくのもありだと思います。

何もしないままでは、婚期は遠のくばかりだと思うのです。

【こちらもチェック】年末年始は家族が欲しくなります

年末年始は家族が欲しくなります

普段は、仕事も忙しいですし趣味もあって充実した毎日を送っていると思います。恋人も過去にはいましたが、結婚するとなれば自分だけの都合だけで動くわけにもいきませんし、子どもが出来れば更に大変だと思うと、無理に結婚しなくてもいいかなと思って結婚まで至りませんでした。

だから普段は既婚者の友人と会っても人は人で何とも思わないのですが、年末年始だけは別です。実家に帰省すると兄弟の奥さんや子どもが遊びに来ていたり、親戚の家に遊びに行くとそこでも子どもたちがいて、それが小さくて可愛いのですよ!

年末年始

特に子供好きなわけでもないのに、血縁者の子どもだとなんとなく他の子たちと違って見えるのですよね。そうすると、自分で生んだ子ならもっと可愛く感じるのかもしれないと思うと、結婚して子どもを産んでおけばよかったかなと思うのです。

子どもがいなくても、親子揃った家族の姿をみると、将来的に自分はひとりかと比べてしまって仕事だけでは埋められないものもあるのだなと感じます。やっぱり今からでも結婚したいので、これからでも諦めずに出会いを求めていくつもりです。